袋井市教育大綱について

思考ツール研修会を開催しました ~周南たちばな学園山名小学校~

11月19日(木)周南たちばな学園山名小学校で研修会が開催されました。
学園内の幼稚園、保育園、こども園、小中学校の教員、地域の方など約180名が参加。

山名小学校での授業を参観後は、鳴門教育大学の泰山裕准教授による講話を聴きました。

講師の泰山裕准教授

講話をもとに参加者で話し合う

具体的な授業場面における「思考ツール」の活用について、学園内の幼小中の教員が研修を深めました。

思考ツールとは?
思考ツールは、考えを組み立てるための「道具」です。
物事を深く考えるためには、比較する、順序立てる、分類する、多面的に見るなど、考える方法が分かることが必要です。考えることを手助けするのが、ベン図、座標軸、クラゲチャート、ピラミッドチャートなどの思考ツールです。
授業では、課題に応じて思考ツールを使い分けながら、作り出した考えを友達と共有し、自分の考えを深めていきます。