袋井市教育大綱について

スケートボードを安全に楽しむために

クリスマスプレゼントや、お正月のお年玉で「スケードボード」に挑戦しようとしている皆さんと保護者に大切な情報をお伝えします。

東京オリンピックで注目を浴びたスケードボードは、近年、小さな子どもなどが遊ぶ「キャスターボード(エスボードなど)」とともに、幅広い年代の皆さんが楽しんでいます。

しかし、車輪の付いた板の上に立つため、遊んでいて転ぶことが避けられません。
消費者庁の報告によると、スケートボード類が関係する事故の情報が、医療機関から11年間で230件寄せられており、半数近い105件で骨折、92件で頭や顔に何らかのけがを負っていました。
そのうち、約4分の3にあたる173件が小学生の年代(6~12歳)で発生しています。
スケードボードなどで、どのようなケガが発生する危険性があるか、また、ケガを防ぐためにどうしたら良いかを知った上で、安全に楽しみましょう。

保護者の皆さんは、以下の項目に注意して、子どもたちに楽しく遊ぶ環境を提供してください。

  • 1 遊ぶ前に保護者と一緒に部品の「ゆるみ」や「がたつき」を点検しましょう
  • 2 道路上や坂道などで遊ばないようにしましょう
  • 3 ヘルメット、プロテクターの着用を徹底しましょう
  • 4 乗り方のルールなどを保護者も一緒に確認しましょう
  • 5 幼い子どもは必ず保護者が見守りましょう
  • 6 電柱や自動車などの障害物の近くでの遊びはやめましょう

 

参考 スケートボード類での事故― 転倒することを前提に安全保護具の着用と場所選びを(PDF)消費者庁 参考 小学生向け 啓発チラシ 「これからスケートボードに乗るみんなへ」(PDF)消費者庁