To foreign parents

小学校と中学校の連携が進む

3月下旬になると、小学校6年生の担任と中学校の教員が、4月から中学校に入学する生徒のための話し合いの場を設けています。
22日(月)山名小学校、今井小学校、三川小学校、袋井北小学校の6年生担任が周南中学校を訪れました。
小学校6年生の一人一人が、中学校入学後に、より滑らかなスタートを切ることができるよう綿密に情報交換する様子が見られました。

小学校と中学校の教員が協議(周南中学校にて)

また、翌日の23日(火)は、袋井東小学校、袋井西小学校、袋井北小学校、今井小学校の6年生担任が袋井中学校を訪れました。
冒頭、袋井中学校の小澤校長先生からは、「中学校では、幼小中のつながりを生かして、一人一人を伸ばしていきたいと考えています。小学校での指導、様子をたくさん教えてください。」という話がありました。

袋井中学校小澤校長先生のお話(袋井中学校にて)

この取組は幼小中一貫教育の取組の一つとして、全ての小中学校で実施されています。