To foreign parents

日本の小学校入学に向けて ~袋井市教育委員会~

本市の小中学校では、外国籍児童生徒(海外にルーツをもつ子ども)の割合は増加傾向にあります。
その子どもたちが、日本の学校で学んでいくことができるように、小学校に入学する年長児を対象に、学校の授業を体験する「わくわく体験会」を開催しました。
この日は、希望した年長児の中から若葉幼稚園の5人が、袋井市教育会館の初期支援教室で小学校の授業を体験。

「起立」「着席」 授業の雰囲気を体験

「学校で使う道具の名前を覚えよう」

今年度、教育会館に整備された学習用タブレットも活用し、学校生活の流れや、授業のあいさつ、学習用具の名前など、4月から1年生となるための準備を体験しました。
市内幼稚園・こども園の卒園式は3月17日(水)、小学校の入学式は4月7日(水)です。

ここでもICTが活用されています!

「ひらがなで名前を書いてみよう」