To foreign parents

教員の交流が小中を繋ぐ

袋井市では小学校と中学校の教員の人事交流を積極的に行っています。小学校と中学校の両方を経験することで、教え方や指導の違いに気付きます。
そして何よりも、子どもの違いに気付き、小中9年間で子どもを育てることの大切さに気付き、より視野の広い優れた教員へと成長します。

市内には小中の交流を経験した多くの教員が、それぞれの学校でつなげる役割を果たしています。

算数の授業をする袋井北小の杉浦先生
※昨年度は中学校3年生を担任

理科の授業をする周南中の春日先生
※昨年度は小学校1年生を担任